国産墓石財

庵治石

細目 中目ともに世界にるいの無い質の良さと希少価値のある石材。

一般的には取扱いし易い高級墓石材として評価されている。

細目 中目ともに世界にるいの無い質の良さと希少価値のある石材。

一般的には取扱いし易い高級墓石材として評価されている。

 

庵治石 千年の歴史 平安時代後期から始まり江戸時代初期大阪城大改築。 現在では首相官邸の石庭 東京オリンピックの聖火台など 。

天下の銘石としてその姿を刻み続けています。


大島石

青みを含んだ気品のある石肌が特徴。建立後、時を経る毎に青みが強く感じられ益々美しくなる。

 

豊臣秀吉墓所 大阪心斎橋 四条大橋 大阪図書館

西郷隆盛銅像台 出雲大社大鳥居 また正岡子規 秋山好古 司馬遼太郎 など著名人のお墓にも多く使われています。

 


羽黒糠目石

良質な花崗岩で国産で一番目が細かいと言われている。

石質や色合いともに最高級品。(採掘量少な目)。

高級墓石、彫刻品などに用いられる。

高貴光明の石と呼ばれ、貴族、政治家 経済人をはじめ

近年では大相撲の初代貴乃花(花田満)(外柵は稲田石を使用)  俳優 三船敏郎などの著名人の墓石本体に使用されている。

 


深山ふぶき

青みの濃い花崗岩の中に白い長石が吹雪のように舞う模様を持つ深山ふぶき。 艶持ちの良い高級墓石材です。

 


芝山石 細目

白御影の中でも吸水率が低く硬度が高い。 美しい石目は上品で落ち着きのある輝きが特徴です。


真壁 細目

青みが強く粒度が細かい。良質(優美 堅牢)で変色しない最高の銘石。墓石 灯篭 土木 建築材などに幅広く使用されている。

迎賓館をはじめ司法省、日本銀行、東京商工会議所などに使用されています。


滝根みかげ

昭和48年より採石。 色合い艶持ち吸水率が評価されている。

 


稲田石

日本を代表するい中目白みかげ石の一つ。

稲田石を形成するそれぞれの鉱物のバランスのおかげで磨き上げた際の光沢の輝きや表面の均一の美しさは、他の石と比較しても群を抜いています。

外柵として利用すると石碑をひきたてます。

 

迎賓館 日本銀行本店 国会議事堂 東京駅 最高裁判所国技館 昭和天皇陵 など日本の近代化を支え多くの歴史的な建造物にしようされてきました。


伊達冠石

採石60年あまり。 柱状節理の岩層から長さ10尺程度までの自然石状で産出。 時とともに鉄褐色を帯びてくる。

 


浮きがね石

国産として希少な黒みかげ(正確には斑糲岩) 昭和初期から墓石や建築材として使用されている。採掘量は少ないが関東、東北で墓石用石材として人気がある。(硬質で吸水率も低い)

福島県を代表する国産黒みかげいしの最高級品である。

 


本小松 (青目)

神奈川県真鶴町で産出される安山岩。

本小松は現存する石材の中でも最も歴史を持っている。切り出した状態では表面が赤褐色をしているが、本磨きの加工をすると小松石独特の模様と緑色の石面になり、多くの人々に愛好されている。

徳川家や北条家、源頼朝 歴史上の人物の墓石に使われ古くから親しまれている。

 


万成石

美しい淡紅色が特徴、故に柔らかく見られるがちだが実に硬い花崗岩。 用途は銅像台、墓、石彫、碑、建築等。

 銀座のシンボル 和光ビル 新宿伊勢丹 日本橋高島屋

静岡では 静岡銀行本店 芹沢圭介美術館など


万成石

美しい淡紅色が特徴、故に柔らかく見られるがちだが実に硬い花崗岩。 用途は銅像台、墓、石彫、碑、建築等。

 銀座のシンボル 和光ビル 新宿伊勢丹 日本橋高島屋

静岡では 静岡銀行本店 芹沢圭介美術館など